スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

2月, 2017の投稿を表示しています

「寝ながら読書」「暗いところでも読書」「お風呂でも読書」の便利グッズ

いろいろな場面での読書に使えそうな、「便利な読書グッズ」をピックアップしてみました。


NHKドラマ化決定!「みをつくし料理帖」

今年2017年5月より、NHKの🔗土曜時代ドラマにて、高田郁さん原作「みをつくし料理帖」が放映されます。

みをつくし料理帖」は、大阪から出てきた女料理人「(みお)」が主人公の、人気時代小説です。累計部数は300万部を超えるそうです。



NHKドラマの主演は黒木華さん。

かつて、テレビ朝日でもドラマ化されたことがあったそうですが、その時の主演は北川景子さんだったそうです。ドラマは拝見していないのですが、お写真を見る限り、イメージとしては黒木華さんのほうが「らしい」でしょうか。北川景子さんは美人すぎるような気がします……主人公の澪は、「可愛らしい」感じで、けして「美人」ではないようですからね(笑)

原作は全10巻+「料理帖」が1巻。物語が本当に綺麗な終わり方をしたシリーズで、最終巻を読んだ時は涙を抑えきれませんでした。
良いお話を読むと、「幸せだなぁ」って思います。

みをつくし料理帖(全10巻)+みをつくし献立帖(1巻) (ハルキ文庫 た 時代小説文庫)高田 郁

角川春樹事務所 2014-09
売り上げランキング : 9431


Amazonで詳しく見る by G-Tools

おひとりさま女子の闘病コミックエッセイ

病気の大変さは人それぞれで比べられるものではありませんよね。それでも、独身の女性がある日突然、重い病気の診断を下されるというのは、ことさら大変に思えてしまいます。

そんな状況のコミックエッセイ3作品を、以下に挙げていきます。

【追悼】佐藤さとるさん

🔗「コロボックル物語」佐藤さとるさん死去
「思い出が消えるようで...」
http://www.j-cast.com/2017/02/17290949.html

私も「コロボックル物語」のファンでした。


コロボックルという存在を知ったのは、佐藤さとるさんの御本からでした。懐かしいですね。

コロボックル、またはコロポックルアイヌの伝承に登場する小人だと理解したのはいつごろだったか……。でも、このシリーズを愛読したのが切欠で、アイヌにはなんとなく憧れがあります。

甲州印伝と水晶の「一生モノのブックカバー」

かなり以前のことになりますが、雑誌「ダ・ヴィンチ」で紹介されていたブックカバーが忘れられません。たしかダ・ヴィンチだったと思います……(汗)

山梨の書店が販売しているオリジナルブックカバー伝心」(でんしん)。

新聞各紙、雑誌、週刊誌などでも取り上げられたそうです。
🔗冨永愛さんのブログにも。

当時の記事によれば、タモリさんへのプレゼント用にも購入されていかれたそうです。

先輩パパ・ママが選んだ「赤ちゃんへ贈る絵本」

「子どもの成長のため」に「読み聞かせ」をしている親御さんは多いと思います。ほかに読み聞かせの理由として、「寝かしつけの手段として」や「初めて🔰の子育てで子どもと何を話せばいいか分からないから」などを挙げる方もいます。

「赤ちゃんへ贈る絵本大賞」発表
そんな「読み聞かせ」の第一歩の参考に、と、日本出版販売株式会社より🔗「赤ちゃんへ贈る絵本大賞」が発表されました。

子育てを経験した書店員、保育士、一般読者から、おすすめの赤ちゃん絵本3作品のアンケートを募り、投票数の多かった作品がランキングとして公表されています。