スキップしてメイン コンテンツに移動

甲州印伝と水晶の「一生モノのブックカバー」

かなり以前のことになりますが、雑誌「ダ・ヴィンチ」で紹介されていたブックカバーが忘れられません。たしかダ・ヴィンチだったと思います……(汗)

山梨の書店が販売しているオリジナルブックカバー伝心」(でんしん)。

新聞各紙、雑誌、週刊誌などでも取り上げられたそうです。
🔗冨永愛さんのブログにも。

当時の記事によれば、タモリさんへのプレゼント用にも購入されていかれたそうです。



こちらは、山梨県甲府市にある「(有)宮川春光堂本店」さんの、「書店でも地元の活性化に役立ちたい」との想いから生まれました。山梨の伝統工芸品100%の商品です。

🔗春光堂書店

赤漆と黒漆の「印伝」の表紙に水晶の栞つき。水晶は丸形としずく型にカットされています。表紙からはみ出した部分は、内側に畳んで挟みこむ形なので、どんな厚さの本にも対応できそう。美しい💕です。


📍表生地は「印傳の山本」


印傳の山本」は日本で唯一、甲州印傳(甲州印伝) 伝統工芸士(総合部門)の資格を持つ工芸士のお店です。

印傳印伝)」とは、羊や鹿の皮をなめしたもの。今日ではもっぱら鹿革に漆で加工をほどこした製品のこと指します。
特に甲州、今の山梨県で生産され、「甲州印伝」は国の伝統工芸品に指定されています。

こちらのお店では、ガマグチや札入、鞄といった、「印傳」からよく連想される商品も当然作られていますが、コロプラ(ゲーム会社)やアイマス(ソーシャルゲーム)とのコラボ商品もあり、手広くやっておられるようです。

 🐦甲州印伝|印傳の山本|山本裕輔 @inden_yy

🔗印伝の山本
http://www.yamamoto-inden.com

📍裏生地は「甲斐絹座」


「かいきざ」と読みます。
甲斐絹」は海気、改機などとも書かれ、もとは舶来の織物にならって作られたもの。第二次大戦前ぐらいまで、独自の製法から生まれる独特の光沢がもてはやされましたが、戦中に生産量が激減。近年になり、再興が試みられています。

甲斐絹座」は山梨県内の織物企業4社による企業グループでした。現在は「株式会社 甲斐絹座」として、「甲斐絹」製品の新ブランドなどを立ち上げています。

🔗甲斐絹座・KAIKIZA
http://www.kaikiza.com

📍栞の水晶は「フカサワ宝石」


山梨には世界有数の水晶鉱脈があり、明治以降、発掘地として栄えました。それ以前でも自然に採取された水晶が数多くあったため、水晶の生産地として認識はされていて、江戸時代後期に京都の研磨職人から研磨法を教わり、それが現在の甲州水晶の発展に繋がっています。

今は良質の水晶も徐々にとれなくなってきているそうなので、山梨県産の水晶で作られたこちらの栞も、いずれ貴重なものになるでしょうね。

フカサワ宝石」は創業大正9年。甲府で天然水晶の商品を製造・販売されています。

🔗(株)フカサワ宝石
http://jewelryfukasawa.web.fc2.com

📍サイズ・色・価格


そんな「オール山梨の工芸品」から成る「ブックカバー伝心」。種類や価格は以下になります。

新書サイズ(黒色or赤色)(水晶丸型or水晶しずく型)15,120円×個
文庫サイズ(黒色or赤色)(水晶丸型or水晶しずく型)12,960円×個

注文方法は、FAX、または電子メールによるインターネット注文ですが、詳細は春光堂書店さんのサイトでご確認ください。



日本の「ブックカバー」、実は和製英語にあたり、英語では「book jacket」と言うそうです。欧米でよく見られるペーパーバックには、カバーがかけられることはほとんど無いようですが、日本の「ブックカバー」には90年の歴史があるそうです。

「ブックカバー」という存在自体が「日本らしい」ということですね。

コメント

このブログの人気の投稿

評価分かれる最終回「アイアムアヒーロー」完結

『アイアムアヒーロー』花沢健吾 (著)
大泉洋主演で映画化もされた本作品ですが、先日最終巻が発売されました。人類がゾンビに襲われるパニックホラー漫画です。
全22巻。2009年の1巻から8年近くかけての完結となりました。

アイアムアヒーロー(1) (ビッグコミックス)花沢健吾

小学館 2009-08-28
売り上げランキング : 3733


Amazonで詳しく見る by G-Tools

地味なロードコメディ漫画『ロッシとニコロのおかしな旅』

「ロッシとニコロのおかしな旅」深巳 琳子著


私にとっては「初めて」の作家さんです。

が、「沈夫人の料理人」の作者さん、と申し上げれば「ああ!」と思い当たる方も少なくないと思います。



本作は15世紀半ば、フィレンツェからパリへ向かう若き医師ロッシとその弟子、ニコロ少年のドタバタ珍道中です。

師匠と弟子があちこちで様々な騒動に巻き込まれます。師匠の性格上、あえて巻き込まれることもたびたび……。濡れ衣を着せられたり謎解きをしたり牢屋に入れられたり。活版印刷とか瀉血とか、当時はこんなだったんだなぁ、というのがよく分かります。西洋の歴史が好きな方なら楽しめると思います。よく調べられていると思います。

師匠ロッシのオカッパ頭とかね(笑)

ただ、漫画としては「地味」。表紙を見てまず「地味!」と思いました(笑)
「若い」という設定の医師ロッシが若者っぽく見えませんし、なにしろ男二人ですからねぇ……絵柄としても……(汗)


同じ時代のフランスを描いた漫画として、山岸 凉子の「レベレーション(啓示)」があります。



ジャンヌ・ダルクがテーマなので、内容は全く違いますが。

「レベレーション(啓示)」も絵は……正直、「日出処の天子」の頃と比べると大分粗くなってしまったなぁ……という感想です。

ロッシとニコロのおかしな旅」の方が、丁寧に細密に描かれていると思います。その分、案外お話にボリュームがあります。一話一話は長くないのですが、結構情報量あるよな、と思いました。

が……いかんせん地味です(汗) この地味さはなんででしょうねぇ。主人公の二人も美形ではないですしね。まつげをバシバシにすればいいというモノでもないのでしょうが……。

ロードコメディではありますが、腹を抱えて笑うタイプではなく、ニヤリとさせる方です。

ロッシの性格とか、師匠と弟子との掛け合いとか、何度か読み返してみて「面白いなぁ」とじんわり感じられる……スルメイカのような漫画だと思いました。

主人公は町医者という立場なので、当時の「医療」がどういうものかもさらっと描かれています。なにしろ中世ですから、まだまだ「知」というものに格差があった時代です。迷信や偏見、根拠の薄い民間療法も根強い。主人公なりに「医療」に対する志もあるようなので、それが今後、物語の軸になるかもしれません。

読む人を選ぶかもしれませんが、中世の欧州というキーワードに反…

おひとりさま女子の闘病コミックエッセイ

病気の大変さは人それぞれで比べられるものではありませんよね。それでも、独身の女性がある日突然、重い病気の診断を下されるというのは、ことさら大変に思えてしまいます。

そんな状況のコミックエッセイ3作品を、以下に挙げていきます。