スキップしてメイン コンテンツに移動

おひとりさま女子の闘病コミックエッセイ

アイキャッチ画像聴診器

病気の大変さは人それぞれで比べられるものではありませんよね。それでも、独身の女性がある日突然、重い病気の診断を下されるというのは、ことさら大変に思えてしまいます。

そんな状況のコミックエッセイ3作品を、以下に挙げていきます。



『元気になるシカ! アラフォーひとり暮らし、告知されました』


元気になるシカ! アラフォーひとり暮らし、告知されました (メディアファクトリーのコミックエッセイ)
元気になるシカ! アラフォーひとり暮らし、告知されました (メディアファクトリーのコミックエッセイ)藤河 るり

KADOKAWA 2016-09-22
売り上げランキング : 15489


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


BL漫画家、藤河 るりさんのコミックエッセイです。
ある日空港で突然昏倒。「卵巣がん」と診断され、闘病の日々に。ご自身とご家族の肖像が、なぜか「鹿」です。

絵柄もかわいらしく、お話も重くありません(深刻な場面であっても)。意図して明るく描かれていると思いますが、日ごろから規則正しい生活を送り、食にも運動にも気遣い、がん家系ではなかったと記されています。それなのに……というショックは、想像に余りあります。ましてや「卵巣がん」です。それが未婚の女性と家族にとってどういう意味を持つか。

もともとは、アメーバブログで連載されていました(今も続いています)。本になる前から拝見していたのですが、「本になったら絶対買う」と決めた回が以下になります。

🔗手術後②

これだけ読んでも分からないかもしれませんし、ネタバレにもなってしまうのですが、「この作家さんすごい!」と感動した回なので、ぜひ紹介させてください。

🔗元気になるシカ!
http://ameblo.jp/rurishika/


『ふいにたてなくなりました。おひとりさま漫画家、皮膚筋炎になる』


ふいにたてなくなりました。おひとりさま漫画家、皮膚筋炎になる
ふいにたてなくなりました。おひとりさま漫画家、皮膚筋炎になる山田 雨月

ぶんか社 2016-05-16
売り上げランキング : 80330


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


旅行大好きという漫画家、山田雨月さんの作品です。

10万人に数人という自己免疫疾患である難病「皮膚筋炎」。
馴染みのない病気ですが分かりやすく描かれていて、終始、暗くならずにお話が進んでいきます。「きっと作者の性格ゆえだろうな」と思わせるシーンが後半にありました。

障害認定の調査員に明るくふるまって、「元気そうだからもっと日常生活ができるかと思った」と言われてしまうという場面。これは記憶に残りました。調査員の方も面喰ったろうな、と思いました。

闘病という言葉は使いたくない、とご本人はおっしゃっているので、ここでご紹介するのは正直気が引けてしまうのですが……(申し訳ありません)。

🔗ある日突然、難病にかかったら…
おひとりさま漫画家・山田雨月さんインタビュー(全4回)
https://www.kusurinomadoguchi.com/column/articles/Tv59G?page=2



『33歳漫画家志望が脳梗塞になった話』

http://www.funwarijump.jp/manga/noukousoku

タイトルの通りです。
ふんわりジャンプで連載されていた、あやめゴン太さんの作品。
全15話で完結しています。
全話、WEB上で読むことができます。

30代で脳梗塞というのは、割と聞く話です。なるほど、こういう症状が出るのか、と勉強になりました。全体的にとても前向きで(ヤケっぱちかもしれませんが)コミカルです。

上記は単行本になっていませんが、その続編とも言える「どうせ死ぬなら描いて死ぬ。」が発行されています。

どうせ死ぬなら描いて死ぬ。 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)
どうせ死ぬなら描いて死ぬ。 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)あやめ ゴン太

KADOKAWA 2017-01-26
売り上げランキング : 50726


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



ご紹介した3作品、いずれも重い病気ですが、お話は重くありません。商業ベースだから、という事情も(多少は)あるかもしれませんが、それよりも何よりも、作者ご本人らのお人柄によるところが大きいのだろうと思います。

レビューを拝見すると「励みになった」という声が多々寄せられていて、納得させられます。

コメント

このブログの人気の投稿

評価分かれる最終回「アイアムアヒーロー」完結

『アイアムアヒーロー』花沢健吾 (著)
大泉洋主演で映画化もされた本作品ですが、先日最終巻が発売されました。人類がゾンビに襲われるパニックホラー漫画です。
全22巻。2009年の1巻から8年近くかけての完結となりました。

アイアムアヒーロー(1) (ビッグコミックス)花沢健吾

小学館 2009-08-28
売り上げランキング : 3733


Amazonで詳しく見る by G-Tools

地味なロードコメディ漫画『ロッシとニコロのおかしな旅』

「ロッシとニコロのおかしな旅」深巳 琳子著


私にとっては「初めて」の作家さんです。

が、「沈夫人の料理人」の作者さん、と申し上げれば「ああ!」と思い当たる方も少なくないと思います。



本作は15世紀半ば、フィレンツェからパリへ向かう若き医師ロッシとその弟子、ニコロ少年のドタバタ珍道中です。

師匠と弟子があちこちで様々な騒動に巻き込まれます。師匠の性格上、あえて巻き込まれることもたびたび……。濡れ衣を着せられたり謎解きをしたり牢屋に入れられたり。活版印刷とか瀉血とか、当時はこんなだったんだなぁ、というのがよく分かります。西洋の歴史が好きな方なら楽しめると思います。よく調べられていると思います。

師匠ロッシのオカッパ頭とかね(笑)

ただ、漫画としては「地味」。表紙を見てまず「地味!」と思いました(笑)
「若い」という設定の医師ロッシが若者っぽく見えませんし、なにしろ男二人ですからねぇ……絵柄としても……(汗)


同じ時代のフランスを描いた漫画として、山岸 凉子の「レベレーション(啓示)」があります。



ジャンヌ・ダルクがテーマなので、内容は全く違いますが。

「レベレーション(啓示)」も絵は……正直、「日出処の天子」の頃と比べると大分粗くなってしまったなぁ……という感想です。

ロッシとニコロのおかしな旅」の方が、丁寧に細密に描かれていると思います。その分、案外お話にボリュームがあります。一話一話は長くないのですが、結構情報量あるよな、と思いました。

が……いかんせん地味です(汗) この地味さはなんででしょうねぇ。主人公の二人も美形ではないですしね。まつげをバシバシにすればいいというモノでもないのでしょうが……。

ロードコメディではありますが、腹を抱えて笑うタイプではなく、ニヤリとさせる方です。

ロッシの性格とか、師匠と弟子との掛け合いとか、何度か読み返してみて「面白いなぁ」とじんわり感じられる……スルメイカのような漫画だと思いました。

主人公は町医者という立場なので、当時の「医療」がどういうものかもさらっと描かれています。なにしろ中世ですから、まだまだ「知」というものに格差があった時代です。迷信や偏見、根拠の薄い民間療法も根強い。主人公なりに「医療」に対する志もあるようなので、それが今後、物語の軸になるかもしれません。

読む人を選ぶかもしれませんが、中世の欧州というキーワードに反…