スキップしてメイン コンテンツに移動

和の帆布ブックカバー「一布一会」

ブックカバーはいくつか持っていて、たいていは旅行先で見つけて自分用のお土産にしています。

例外もいくつかあって、そのうちのひとつが、京都の和雑貨屋さん「御陵庵」の販売している「一布一会」ブックカバー。
御陵庵 公式サイト


デパートの催事場で一目ぼれして、購入しました。

🔗京都の御陵から生れた和の小物「御陵庵」 公式サイト
http://goryouan.com/




御陵庵の商品はすべて「日本製」。木綿の帆布に、職人さんが手染めされているそうです。

柄は28種類もあって、唐草七宝と言った「和」のものから、柴犬猫モチーフのポップなものまで。京狛犬柄はパッと見、正直シーサーかと……(笑)

色合いも、カラフルなものもシックなものもあるので、年齢や性別を選ばない感じです。

ちなみに私は平稲妻にしました。

🔗平稲妻(ひらいなずま)/家紋034 夏貸文庫様より)

公式サイトに掲載されている写真だと結構黄色が主張していますが、実物はそんなこともないです。でも黒の唐草もカッコ良くて、買う時はホント、どっちにするか迷いました。あの時ゆっくり選ばせてくれた売り子さん、ありがとうございます。

文庫本と新書、同じ柄をサイズ違いで揃えられるのも嬉しかったです!


布のブックカバーは、生地が薄いとへにゃへちゃしちゃって扱いにくいのですが、こちらのは厚みがあってシッカリしています。

ざらっとした手触りなので、手が滑ることもありません。写真をよく見ると、ちょっとデコボコしているのがお分かりになるかと。私はブックカバーの中で本が滑る感覚がちょっと苦手なのですが、そういうこともありません。

カバー自体に可愛らしい紐のしおりがついているのも便利でGOOD。

公式サイトから通販もできますが、実物をご覧になりたい方は、「御陵庵」公式サイトに出店情報が上がっているので、物産展に足を運ばれるといいと思います。全国の催事場に出店されているようですよ。

フェイスブックアカウントもあります。


お取り扱い商品には、ブックカバー以外にもバッグやポーチ、がま口スマホケースなど、いろいろあります。

私は鞄を大事にしない方なので、鞄自体を「一布一会」にするのはちょっと……。もし汚れてしまったりしたら精神的なダメージが大きそう……(汗)

で、ペットボトルケースがちょっと気になっているのですよねぇ……。ブックカバーとおそろいで欲しいです。もしくは色違いで。バッグの中の小物を「一布一会」で揃えたら楽しそうです!

コメント

このブログの人気の投稿

評価分かれる最終回「アイアムアヒーロー」完結

『アイアムアヒーロー』花沢健吾 (著)
大泉洋主演で映画化もされた本作品ですが、先日最終巻が発売されました。人類がゾンビに襲われるパニックホラー漫画です。
全22巻。2009年の1巻から8年近くかけての完結となりました。

アイアムアヒーロー(1) (ビッグコミックス)花沢健吾

小学館 2009-08-28
売り上げランキング : 3733


Amazonで詳しく見る by G-Tools

地味なロードコメディ漫画『ロッシとニコロのおかしな旅』

「ロッシとニコロのおかしな旅」深巳 琳子著


私にとっては「初めて」の作家さんです。

15世紀半ば、フィレンツェからパリへ向かう若き医師ロッシとその弟子、ニコロ少年のドタバタ珍道中です。

師匠と弟子があちこちで様々な騒動に巻き込まれます。師匠の性格上、あえて巻き込まれることもたびたび……。濡れ衣を着せられたり謎解きをしたり牢屋に入れられたり。活版印刷とか瀉血とか、当時はこんなだったんだなぁ、というのがよく分かります。西洋の歴史が好きな方なら楽しめると思います。よく調べられていると思います。

師匠ロッシのオカッパ頭とかね(笑)

ただ、漫画としては「地味」。表紙を見てまず「地味!」と思いました(笑)
「若い」という設定の医師ロッシが若者っぽく見えませんし、なにしろ男二人ですからねぇ……絵柄としても……(汗)


同じ時代のフランスを描いた漫画として、山岸 凉子の「レベレーション(啓示)」があります。



ジャンヌ・ダルクがテーマなので、内容は全く違いますが。

「レベレーション(啓示)」も絵は……正直、「日出処の天子」の頃と比べると大分粗くなってしまったなぁ……という感想です。

ロッシとニコロのおかしな旅」の方が、丁寧に細密に描かれていると思います。その分、案外お話にボリュームがあります。一話一話は長くないのですが、結構情報量あるよな、と思いました。

が……いかんせん地味です(汗) この地味さはなんででしょうねぇ。主人公の二人も美形ではないですしね。まつげをバシバシにすればいいというモノでもないのでしょうが……。

ロードコメディではありますが、腹を抱えて笑うタイプではなく、ニヤリとさせる方です。

ロッシの性格とか、師匠と弟子との掛け合いとか、何度か読み返してみて「面白いなぁ」とじんわり感じられる……スルメイカのような漫画だと思いました。

主人公は町医者という立場なので、当時の「医療」がどういうものかもさらっと描かれています。なにしろ中世ですから、まだまだ「知」というものに格差があった時代です。迷信や偏見、根拠の薄い民間療法も根強い。主人公なりに「医療」に対する志もあるようなので、それが今後、物語の軸になるかもしれません。

読む人を選ぶかもしれませんが、中世の欧州というキーワードに反応される方は、とりあえず。

時代小説初心者にオススメ『しゃばけ』シリーズ

しゃばけ」シリーズ。「若だんな」シリーズとも。


女性作家の時代小説はいずれもとっつきやすい気がします、まずひとつ挙げよ、と言われたら、やはりこちらの『しゃばけ』をお勧めします。

しゃばけ (新潮文庫)畠中 恵

新潮社 2004-03-28
売り上げランキング : 36731


Amazonで詳しく見る by G-Tools

時代小説×モノノケ」というジャンルの先駆けとなったシリーズです。この作品がヒットして以降、江戸時代とあやかし、もののけを扱う小説が次々と出版されるようになりました。