スキップしてメイン コンテンツに移動

今、ファンタジー漫画が熱い! おすすめコミック その3

ファンタジー漫画をお勧めするシリーズ記事、3回目になります。
今回も、ファンタジーコミック作品を3つ、ご紹介したいと思います。

その1その2もご覧いただけると嬉しいです。



『ソマリと森の神様』

暮石ヤコ (著)

ソマリと森の神様 1巻
ソマリと森の神様 1巻暮石ヤコ

ノース・スターズ・ピクチャーズ 2015-11-20
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


WEBコミックぜにょん」にて連載中です。
こちらのサイトでは、1~3話と、最新話含む3話が読めます。

異形が支配する世界。かつて繁栄を誇った人類でしたが、今や捕獲の対象となり、あるものはペットに、あるものは食料にされ、絶滅の危機に瀕しています。そんなある日「森の番人」ゴーレムはひとりの人間の少女を拾います。少女はゴーレムを「お父さん」と呼び、懐いてしまいます。しかし、ゴーレムには共に居られない理由がありました。ゴーレムは少女を人間の元へ還すべく旅に出ます。

ゴーレムとは何者なのか、なぜ人間は滅びようとしているのか、そして少女はなぜゴーレムを「お父さん」と呼ぶのか。
世界の謎を探るファンタジーでもあり、ロードムービーでもあり、父娘の物語でもあります。

多種多様な「人外」と、ゴーレムを父と慕う「少女」が魅力的です。あと、一方的に「父」として慕われて、だんだんそれっぽくなっていく「ゴーレム」がいい味を出しています。

単行本は3巻まで刊行されています。


『とつくにの少女』

ながべ (著)

とつくにの少女 1 (BLADE COMICS)
とつくにの少女 1 (BLADE COMICS)ながべ

マッグガーデン 2016-03-10
売り上げランキング : 7962


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


MAGCOMI(マグコミ)にて連載中です。
こちらのサイトでは第1話と最新話が読めます。

「とつくに」は「外つ国」と書きます。異形の化物に触れると、同じ異形に変化してしまう「呪い」によって、「外」と「内」とに分かたれてしまった世界。その世界で「呪われた異形の化物」と暮らす、まだ幼いひとりの少女。ふたりはどういう関係なのか、なぜ異形が存在するのか、そして世界はどうなっているのか。
少女は幼さゆえに異形を恐れず、「せんせ」と呼んで親しんでいます。異形も少女を大切にして、己には触れさせません。「外」の禍々しさとは関わりのない、穏やかな日々ですが、「外」も「内」も二人をほおってはおかず、やがて引き裂かれてしまいます。

少女が無垢である分、互いを大事に思っている分、現実の残酷さが際立っていくようです。
静かな展開と線描画のような絵は、漫画というより絵本のよう、童話のようです。「絵本のような」という形容は割と見かけますが、この作品は本当にそう思います。極端に色の抑えられた表紙も、コミックスの中では異彩を放っていますね。

現在単行本2巻まで刊行中です。4月には3巻が刊行予定です。


『魔法使いの嫁』

ヤマザキコレ (著)

魔法使いの嫁 1 (コミックブレイド)
魔法使いの嫁 1 (コミックブレイド)ヤマザキコレ

マッグガーデン 2014-06-14
売り上げランキング : 2744


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



月刊コミックガーデンにて連載中。「人外×少女」といったら、この作品は外せません。コミックスは累計400万部を超えるそうです。略称は『まほよめ』。

物語の舞台は現代のイギリス。日本人の少女チセは、あるオークションで異形の魔法使いエリアスに「嫁」として500万ポンドで落札されます。現在1ポンドが約138~140円といったところなので、7億ですか。
もちろん、ただの「少女」がそんなに高額なワケはなく……チセは「夜の愛し仔」(スレイ・ベガ)という存在だったのです。
スレイ・ベガゆえの、メリットとデメリット。エリアスとは何者か。チセはなぜオークションにかけられたのか。二人の関係はどうなっていくのか。

作者が今までため込んだファンタジーの知識を詰め込んだ、という本作品は、思わせぶりで謎めいた単語がたっぷり登場します。それが、美しく色気のある絵柄と共に、「まほよめ」の世界観を構築するのに一役買っています。ファンタジーとしても楽しめますし、恋愛物語(まだまだ入り口ですが)としても楽しめます。語弊があるかもしれませんが、「分かりやすい面白さ」です。

もともとは同人誌で発表されていたそうで、それが編集さんの目にとまって商品化されました。こうして私が読めるのもそのおかげですから、編集者の慧眼に感謝ですね。

今年2017年10月~TVアニメ放映も予定されています。2クールだそうなので、かなりじっくり映像化されますね。楽しみです。

TVアニメ『魔法使いの嫁』公式PV第一弾



🔗TVアニメ公式サイト


単行本7巻まで刊行されています。


今回は、「人外×少女」のコミック作品を3つ、ご紹介しました。ひとくちに「人外と少女」と言っても、カタチはさまざまですね。ファンタジーですから、世界観ももちろん大事なことですが、なにより、異形と人間の、違うところもあり、共通点もあり……そんなところが特に楽しむポイントなのではないかなぁと思ったりします。

コメント

このブログの人気の投稿

評価分かれる最終回「アイアムアヒーロー」完結

『アイアムアヒーロー』花沢健吾 (著)
大泉洋主演で映画化もされた本作品ですが、先日最終巻が発売されました。人類がゾンビに襲われるパニックホラー漫画です。
全22巻。2009年の1巻から8年近くかけての完結となりました。

アイアムアヒーロー(1) (ビッグコミックス)花沢健吾

小学館 2009-08-28
売り上げランキング : 3733


Amazonで詳しく見る by G-Tools

地味なロードコメディ漫画『ロッシとニコロのおかしな旅』

「ロッシとニコロのおかしな旅」深巳 琳子著


私にとっては「初めて」の作家さんです。

が、「沈夫人の料理人」の作者さん、と申し上げれば「ああ!」と思い当たる方も少なくないと思います。



本作は15世紀半ば、フィレンツェからパリへ向かう若き医師ロッシとその弟子、ニコロ少年のドタバタ珍道中です。

師匠と弟子があちこちで様々な騒動に巻き込まれます。師匠の性格上、あえて巻き込まれることもたびたび……。濡れ衣を着せられたり謎解きをしたり牢屋に入れられたり。活版印刷とか瀉血とか、当時はこんなだったんだなぁ、というのがよく分かります。西洋の歴史が好きな方なら楽しめると思います。よく調べられていると思います。

師匠ロッシのオカッパ頭とかね(笑)

ただ、漫画としては「地味」。表紙を見てまず「地味!」と思いました(笑)
「若い」という設定の医師ロッシが若者っぽく見えませんし、なにしろ男二人ですからねぇ……絵柄としても……(汗)


同じ時代のフランスを描いた漫画として、山岸 凉子の「レベレーション(啓示)」があります。



ジャンヌ・ダルクがテーマなので、内容は全く違いますが。

「レベレーション(啓示)」も絵は……正直、「日出処の天子」の頃と比べると大分粗くなってしまったなぁ……という感想です。

ロッシとニコロのおかしな旅」の方が、丁寧に細密に描かれていると思います。その分、案外お話にボリュームがあります。一話一話は長くないのですが、結構情報量あるよな、と思いました。

が……いかんせん地味です(汗) この地味さはなんででしょうねぇ。主人公の二人も美形ではないですしね。まつげをバシバシにすればいいというモノでもないのでしょうが……。

ロードコメディではありますが、腹を抱えて笑うタイプではなく、ニヤリとさせる方です。

ロッシの性格とか、師匠と弟子との掛け合いとか、何度か読み返してみて「面白いなぁ」とじんわり感じられる……スルメイカのような漫画だと思いました。

主人公は町医者という立場なので、当時の「医療」がどういうものかもさらっと描かれています。なにしろ中世ですから、まだまだ「知」というものに格差があった時代です。迷信や偏見、根拠の薄い民間療法も根強い。主人公なりに「医療」に対する志もあるようなので、それが今後、物語の軸になるかもしれません。

読む人を選ぶかもしれませんが、中世の欧州というキーワードに反…

おひとりさま女子の闘病コミックエッセイ

病気の大変さは人それぞれで比べられるものではありませんよね。それでも、独身の女性がある日突然、重い病気の診断を下されるというのは、ことさら大変に思えてしまいます。

そんな状況のコミックエッセイ3作品を、以下に挙げていきます。