スキップしてメイン コンテンツに移動

「復刊ドットコム」を知っていますか?


みなさまは、「復刊ドットコム」というサイトをご存知でしょうか。

🔗リンク http://www.fukkan.com/


「絶版」や「品切れ」で入手困難になった本を、投票で復刊させようというサイトです。



日本出版販売株式会社と出版社29社の出資による創業は1999年、翌2000年にサイトをオープンさせていますから、インターネットとしては老舗サイトです。

会員数は40万人以上。集まったリクエストにより、現在までに約5,000タイトルが復刊されているそうです。

フェイスブックTwitterYahoo!Japanのアカウントで会員登録することもできます。

紙での復刊が難しい場合は、電子書籍になったりもするようです。

自分で復刊リクエストを出すこともできます(二重申請にご注意ください)し、誰かが出したリクエストに投票することもできます。

リクエストしたから絶対買え、というわけではありません(笑)

ブログやサイト所有者向けに、ブログパーツも用意されています。自分でリクエストした本じゃなくても使えますよ。


もう一度読みたい本があるんだけど、肝心のタイトルがうろ覚え……という方向けに、「復刊ドットコム相談室http://www.fukkan.com/seek
という掲示板も用意されています。

まぁ、こういう場の常として、解決するかしないかは運次第という感じですが……。


「売れなくて絶版になった本」を「復刊ドットコム」を通じて復刊させるので、勢い、価格はお高めです。さほどでもないモノもありますが。

でも、これはある程度仕方がありませんね。実際、色々コストがかかっているわけですし、復刊にともなうリスクもありますし。

リクエストが一定数に達した段階で、復刊へ向けての働きかけが始まります。

以前は100票を超えた段階で、だったと思うのですが、今は「一定数」としか記載がありませんね。

しかし。「作者と連絡が取れない」「元原稿の在処が分からない」「現在の権利関係がはっきりしない」「復刊して本当に購入者がいるのか」など諸々の問題があって、「票が集まりました、さあ復刊しましょう」とは、なかなかならないようです。難しいものですね。



総務省の調査によれば、平成26年の段階で、日本の年間新刊書籍出版点数の総計は8万を超えます。(雑誌は含まれません)
🔗参考リンク)http://www.stat.go.jp/data/nihon/26.htm

数年前には6万でした。しかし、その頃よりも書籍全体の販売総額は下がっています。

これはどういう仕組みかというと……。

そもそも本が売れない→じゃあ販売点数を増やしてカバーしよう→書店の棚の奪い合い→一部のベストセラーは生き残るが、他はろくに陳列もされずに返品、絶版へ。

こういうコースを辿っているようです。

一体どれほどの書籍が「絶版」「品切れ」になっているのか分かりませんでしたが、初版で絶版、発売1年で絶版、という話も珍しくないようですから、相当な割合にのぼると考えてよさそうです。

出版社独自で、絶版本を積極的に電子書籍にしよう、というところもあります。が、そういうところばかりではないわけで。

こういうご時世では、「復刊ドットコム」の役割は、17年前よりずっと大きくなっているのかもしれません。

特に今は復刊させてほしい本が思い当たらない方でも、「復刊ドットコム」のリクエスト一覧をご覧になったら、「あ、この本読んでみたい」と思うかもしれませんよ。


で、ひとつだけ言いたいことが……。「復刊ドットコム」のサイト、分かりにくいです(汗)
主旨には賛同しておりますし、応援もしたいのですが、いかんせん、どこに何があるか分かりにくかったり、マイページで何ができるか分かりにくかったり……。もう少し、サイトデザインを何とかしてほしいかなぁ、と……ささやかな希望であります。

コメント

このブログの人気の投稿

評価分かれる最終回「アイアムアヒーロー」完結

『アイアムアヒーロー』花沢健吾 (著)
大泉洋主演で映画化もされた本作品ですが、先日最終巻が発売されました。人類がゾンビに襲われるパニックホラー漫画です。
全22巻。2009年の1巻から8年近くかけての完結となりました。

アイアムアヒーロー(1) (ビッグコミックス)花沢健吾

小学館 2009-08-28
売り上げランキング : 3733


Amazonで詳しく見る by G-Tools

おひとりさま女子の闘病コミックエッセイ

病気の大変さは人それぞれで比べられるものではありませんよね。それでも、独身の女性がある日突然、重い病気の診断を下されるというのは、ことさら大変に思えてしまいます。

そんな状況のコミックエッセイ3作品を、以下に挙げていきます。

地味なロードコメディ漫画『ロッシとニコロのおかしな旅』

「ロッシとニコロのおかしな旅」深巳 琳子著


私にとっては「初めて」の作家さんです。

15世紀半ば、フィレンツェからパリへ向かう若き医師ロッシとその弟子、ニコロ少年のドタバタ珍道中です。

師匠と弟子があちこちで様々な騒動に巻き込まれます。師匠の性格上、あえて巻き込まれることもたびたび……。濡れ衣を着せられたり謎解きをしたり牢屋に入れられたり。活版印刷とか瀉血とか、当時はこんなだったんだなぁ、というのがよく分かります。西洋の歴史が好きな方なら楽しめると思います。よく調べられていると思います。

師匠ロッシのオカッパ頭とかね(笑)

ただ、漫画としては「地味」。表紙を見てまず「地味!」と思いました(笑)
「若い」という設定の医師ロッシが若者っぽく見えませんし、なにしろ男二人ですからねぇ……絵柄としても……(汗)


同じ時代のフランスを描いた漫画として、山岸 凉子の「レベレーション(啓示)」があります。



ジャンヌ・ダルクがテーマなので、内容は全く違いますが。

「レベレーション(啓示)」も絵は……正直、「日出処の天子」の頃と比べると大分粗くなってしまったなぁ……という感想です。

ロッシとニコロのおかしな旅」の方が、丁寧に細密に描かれていると思います。その分、案外お話にボリュームがあります。一話一話は長くないのですが、結構情報量あるよな、と思いました。

が……いかんせん地味です(汗) この地味さはなんででしょうねぇ。主人公の二人も美形ではないですしね。まつげをバシバシにすればいいというモノでもないのでしょうが……。

ロードコメディではありますが、腹を抱えて笑うタイプではなく、ニヤリとさせる方です。

ロッシの性格とか、師匠と弟子との掛け合いとか、何度か読み返してみて「面白いなぁ」とじんわり感じられる……スルメイカのような漫画だと思いました。

主人公は町医者という立場なので、当時の「医療」がどういうものかもさらっと描かれています。なにしろ中世ですから、まだまだ「知」というものに格差があった時代です。迷信や偏見、根拠の薄い民間療法も根強い。主人公なりに「医療」に対する志もあるようなので、それが今後、物語の軸になるかもしれません。

読む人を選ぶかもしれませんが、中世の欧州というキーワードに反応される方は、とりあえず。