スキップしてメイン コンテンツに移動

羽生三冠が書いた人工知能の本『人工知能の核心』

今日、こんなニュースが流れてきました。


非公式とはいえ、四段が三冠を破るとは、ただただ「驚き」です。

羽生さんは本当に長い間「天才棋士」として頂点に立ち続けてきた方。今も「将棋のこと」「将棋界のこと」「将来のこと」などにいろいろ尽力されています。




さて、先日、以下の本を購入しました。

人工知能は人間を超えるか ディープラーニングの先にあるもの

東京大学で人工知能の研究をされている松尾豊准教授の著書です。


人工知能を知ることは、人間を知ることだ。」というキャッチコピーもそそられます。

出版されたのは一昨年ですが、この手の本としては珍しく、昨年非常に売れた本です。

話題になったので、遅ればせながら購入してみたのですが……パラパラパr……「ん? ちょっと難しいぞ……?

一気に読めた、専門外でもとっつきやすい、というレビューを多く目にしていたので「なんとかなる」と思っていたのですが……(汗)

私にはもっと「とっつきやすい本」が必要なんだなぁと思いまして、本書の前のさらに入門書として購入したのが、羽生さんのご本のこちら!

『人工知能の核心』羽生善治


はい、これはもう一気に読み終えました!

基本的にNHKのドキュメンタリー番組を本にしたもの。番組の方はチラっと見たかな? ぐらいですが。

なにより羽生さんが文章を書かれている、というのが面白いです。本文を羽生さんが。それぞれの章末にNHKディレクターが補足を加えている構成です。

天才棋士 羽生善治の目を通した人工知能」、これがもうワクワクですが、さらにその羽生さんを見ていたディレクターの文章が「なるほどねえ」って感じです。

読みやすいし分かりやすいです。文章自体が平易。「人工知能には興味あるけど……」な初心者さんの入門書に、本当にうってつけの一冊です。

かつて人工知能はどんなものだったのか。今はどうなっているのか。そしてこれからどうなっていくのか。現場でどんな試みが行われているのか、実際に会ってみてどんな人が作っているのか……。

そういった人工知能のもろもろが、羽生さんの丁寧で冷静な文章で綴られています。

なにより、将棋と人工知能という切り口は、羽生さんが書いてこその説得力ですし、「ここでしか読めないよな」という内容ばかりです。

将棋ソフトがなぜ強くなったかとか、囲碁やチェスとの違いとか、プロ棋士と将棋ソフトの関わりとか、将棋のことは何にも分からない私でも楽しかったです。

どちらかというと、羽生さんは将棋ソフトをあまり使わないとか、その理由とか……が興味深すぎて、羽生さん>人工知能、って感じでしたけれども(笑)


将棋に興味のある方、将棋界や棋士に興味のある方、人工知能に興味のある方……いずれにもオススメです!

コメント

このブログの人気の投稿

評価分かれる最終回「アイアムアヒーロー」完結

『アイアムアヒーロー』花沢健吾 (著)
大泉洋主演で映画化もされた本作品ですが、先日最終巻が発売されました。人類がゾンビに襲われるパニックホラー漫画です。
全22巻。2009年の1巻から8年近くかけての完結となりました。

アイアムアヒーロー(1) (ビッグコミックス)花沢健吾

小学館 2009-08-28
売り上げランキング : 3733


Amazonで詳しく見る by G-Tools

地味なロードコメディ漫画『ロッシとニコロのおかしな旅』

「ロッシとニコロのおかしな旅」深巳 琳子著


私にとっては「初めて」の作家さんです。

15世紀半ば、フィレンツェからパリへ向かう若き医師ロッシとその弟子、ニコロ少年のドタバタ珍道中です。

師匠と弟子があちこちで様々な騒動に巻き込まれます。師匠の性格上、あえて巻き込まれることもたびたび……。濡れ衣を着せられたり謎解きをしたり牢屋に入れられたり。活版印刷とか瀉血とか、当時はこんなだったんだなぁ、というのがよく分かります。西洋の歴史が好きな方なら楽しめると思います。よく調べられていると思います。

師匠ロッシのオカッパ頭とかね(笑)

ただ、漫画としては「地味」。表紙を見てまず「地味!」と思いました(笑)
「若い」という設定の医師ロッシが若者っぽく見えませんし、なにしろ男二人ですからねぇ……絵柄としても……(汗)


同じ時代のフランスを描いた漫画として、山岸 凉子の「レベレーション(啓示)」があります。



ジャンヌ・ダルクがテーマなので、内容は全く違いますが。

「レベレーション(啓示)」も絵は……正直、「日出処の天子」の頃と比べると大分粗くなってしまったなぁ……という感想です。

ロッシとニコロのおかしな旅」の方が、丁寧に細密に描かれていると思います。その分、案外お話にボリュームがあります。一話一話は長くないのですが、結構情報量あるよな、と思いました。

が……いかんせん地味です(汗) この地味さはなんででしょうねぇ。主人公の二人も美形ではないですしね。まつげをバシバシにすればいいというモノでもないのでしょうが……。

ロードコメディではありますが、腹を抱えて笑うタイプではなく、ニヤリとさせる方です。

ロッシの性格とか、師匠と弟子との掛け合いとか、何度か読み返してみて「面白いなぁ」とじんわり感じられる……スルメイカのような漫画だと思いました。

主人公は町医者という立場なので、当時の「医療」がどういうものかもさらっと描かれています。なにしろ中世ですから、まだまだ「知」というものに格差があった時代です。迷信や偏見、根拠の薄い民間療法も根強い。主人公なりに「医療」に対する志もあるようなので、それが今後、物語の軸になるかもしれません。

読む人を選ぶかもしれませんが、中世の欧州というキーワードに反応される方は、とりあえず。

時代小説初心者にオススメ『しゃばけ』シリーズ

しゃばけ」シリーズ。「若だんな」シリーズとも。


女性作家の時代小説はいずれもとっつきやすい気がします、まずひとつ挙げよ、と言われたら、やはりこちらの『しゃばけ』をお勧めします。

しゃばけ (新潮文庫)畠中 恵

新潮社 2004-03-28
売り上げランキング : 36731


Amazonで詳しく見る by G-Tools

時代小説×モノノケ」というジャンルの先駆けとなったシリーズです。この作品がヒットして以降、江戸時代とあやかし、もののけを扱う小説が次々と出版されるようになりました。