スキップしてメイン コンテンツに移動

猫が一番偉い長屋の話『鯖猫長屋ふしぎ草紙』

『鯖猫長屋ふしぎ草紙』

鯖猫(さばねこ)、と読みます。
ぜひ、猫好きさんに読んでいただきたい時代小説です。

著者は、女流作家の「田牧大和

題名の通り、サバのような模様の毛並み持つオスの三毛猫が登場します。




名前は「サバ」。ただし、大変な美猫と書かれれています。
小説なので詳細はわかりませんが、縞三毛と呼ばれる柄じゃないかなぁ、と思います。

鯖猫長屋」と呼ばれる貧乏長屋が舞台です。以前は「磯兵衛長屋」と呼ばれていました。ある時、長屋に住む絵描きの飼い猫「サバ」が、永代橋へ出かけようとしていた住人の外出を引き留めます。もちろん会話はできませんが、猫の様子になんとなく感じるものがあって外出を控えた住人。そしてその日、永代橋が崩落しました。

この件で一躍「サバ」は永代橋崩落を予見した「お猫さま」と有名になり、長屋の呼び名も変わってしまいました。

この「サバ」、やや小柄ながらも目を引くほどの美猫で喧嘩にもめっぽう強く、しかも人語を理解しているかのような賢さとそぶりをみせます。

さらに「ふしぎ草紙」とあるように、ちょっとばかり幽霊なんかも登場します。

このあたりの「ふしぎ」が許容できる方ならおすすめです。

「サバ」の飼い主は、やはり長屋の住人で「猫の絵しか描かない」貧乏絵師。飼い主とはいえ、気に入らないことがあれば爪を立て、噛みつきにくるという気性の「サバ」の尻に敷かれています。一見荒事とは無縁の情けない三十男……しかし、実はその正体は……という感じです。

絵描きの主人公はじめ、登場人物が魅力的です。猫に長屋の名前を取られても気にしないやり手の差配さん。長屋を仕切る女丈夫のおてるさん。歌舞伎役者のようなお奉行などなど。

ひょうひょうとした態を装いながらも、ワケありの主人公が、長屋や周囲の面々にほだされていく様子が気持ちのいい小説です。

続巻も出ています。

おおむね2巻で綺麗に収まっているので、続きがあるのかないのか……というところですが、2巻でまた面白そうなキャラが登場しているので、3巻も期待したいところです。

コメント

このブログの人気の投稿

評価分かれる最終回「アイアムアヒーロー」完結

『アイアムアヒーロー』花沢健吾 (著)
大泉洋主演で映画化もされた本作品ですが、先日最終巻が発売されました。人類がゾンビに襲われるパニックホラー漫画です。
全22巻。2009年の1巻から8年近くかけての完結となりました。

アイアムアヒーロー(1) (ビッグコミックス)花沢健吾

小学館 2009-08-28
売り上げランキング : 3733


Amazonで詳しく見る by G-Tools

おひとりさま女子の闘病コミックエッセイ

病気の大変さは人それぞれで比べられるものではありませんよね。それでも、独身の女性がある日突然、重い病気の診断を下されるというのは、ことさら大変に思えてしまいます。

そんな状況のコミックエッセイ3作品を、以下に挙げていきます。

地味なロードコメディ漫画『ロッシとニコロのおかしな旅』

「ロッシとニコロのおかしな旅」深巳 琳子著


私にとっては「初めて」の作家さんです。

15世紀半ば、フィレンツェからパリへ向かう若き医師ロッシとその弟子、ニコロ少年のドタバタ珍道中です。

師匠と弟子があちこちで様々な騒動に巻き込まれます。師匠の性格上、あえて巻き込まれることもたびたび……。濡れ衣を着せられたり謎解きをしたり牢屋に入れられたり。活版印刷とか瀉血とか、当時はこんなだったんだなぁ、というのがよく分かります。西洋の歴史が好きな方なら楽しめると思います。よく調べられていると思います。

師匠ロッシのオカッパ頭とかね(笑)

ただ、漫画としては「地味」。表紙を見てまず「地味!」と思いました(笑)
「若い」という設定の医師ロッシが若者っぽく見えませんし、なにしろ男二人ですからねぇ……絵柄としても……(汗)


同じ時代のフランスを描いた漫画として、山岸 凉子の「レベレーション(啓示)」があります。



ジャンヌ・ダルクがテーマなので、内容は全く違いますが。

「レベレーション(啓示)」も絵は……正直、「日出処の天子」の頃と比べると大分粗くなってしまったなぁ……という感想です。

ロッシとニコロのおかしな旅」の方が、丁寧に細密に描かれていると思います。その分、案外お話にボリュームがあります。一話一話は長くないのですが、結構情報量あるよな、と思いました。

が……いかんせん地味です(汗) この地味さはなんででしょうねぇ。主人公の二人も美形ではないですしね。まつげをバシバシにすればいいというモノでもないのでしょうが……。

ロードコメディではありますが、腹を抱えて笑うタイプではなく、ニヤリとさせる方です。

ロッシの性格とか、師匠と弟子との掛け合いとか、何度か読み返してみて「面白いなぁ」とじんわり感じられる……スルメイカのような漫画だと思いました。

主人公は町医者という立場なので、当時の「医療」がどういうものかもさらっと描かれています。なにしろ中世ですから、まだまだ「知」というものに格差があった時代です。迷信や偏見、根拠の薄い民間療法も根強い。主人公なりに「医療」に対する志もあるようなので、それが今後、物語の軸になるかもしれません。

読む人を選ぶかもしれませんが、中世の欧州というキーワードに反応される方は、とりあえず。