スキップしてメイン コンテンツに移動

日テレでドラマ化決定 ほんわか食マンガ『孤食ロボット』

『孤食ロボット』(岩岡ヒサエ著)が、日本テレビ系列の深夜枠でドラマ化されると発表されました。

『孤食ロボット』岩岡ヒサエ著




日本テレビが月曜深夜に新設したドラマ枠「シンドラ」の第1弾です。放送は6月19日(月)から。

主演は、「Hey!Say!JUMP」から3名。有岡大貴さん、高木雄也さん、八乙女光さん。主題歌も担当されます。

ジャニーズ版「孤独のグルメ」か、という声もありますが、「食レポ」はほとんど無いのでだいぶ違います。こちらの漫画は自炊メインですからね。




またジャニーズかー……」という声もありますが、25㎝サイズのアンドロイド役ですから、カワイイ感じを意識したのでしょうかね。
原作には、アンドロイドの設定は4~5歳程度のかわいらしい男の子、と出てきます。かといって子役だと演技がちょっと厳しいだろうな、とド素人の私でも思いますね。子役使うぐらいならジャニーズのがまだ良いでしょうねぇ。

ドラマの詳細は、以下の公式サイトにて!

🔗ドラマ『孤食ロボット』
http://www.ntv.co.jp/koshoku/

🐦ドラマ公式のツイッターアカウントもあります。




○×フードカンパニーが開発したロボットは、3000ポイントを貯めると、小包で届けられます。

25㎝のロボット(アンドロイド)が単身者の食生活をサポートします。小さいので料理をつくる事はできません。

個性的なロボットとおひとり様、胃袋と心を満腹にする……心温まる優しい物語です。

ロボットは基本、単身者のところに「しか」来ません。家族が居ると揉める原因になるから、というのが理由だそうです。

○×フードカンパニーは食材の通販も行っているので、このロボットを使うと、外食しても自炊しても○×フードカンパニーにお金が落ちる仕組みになっています(笑)

イマドキの「食マンガ」らしく、レシピも登場します。

かわいらしい絵柄ですが、ちょっとクセがあるので、そのあたり好みが分かれるかもしれません。

少々ネタバレになりますが、このロボットには1週間の「おためし期間」があります。そこで返品も可能。気に入らなかった場合も返品可能。そして返品されたロボットは初期化され、また次の持ち主のもとへ向かいます。

「初期化」に関しては、持ち主に知らされることもあり、知らされないこともあり。すごいことに、この判断はおおむねロボット本人がします。

この設定のために切ない結末になることもあり、それが物語に深みを与えていると思います。生きていればいろいろありますからね、ロボットを必要とする、しないも様々。ただ「優しいだけ」の物語ではありません。


現在は、集英社『Cookie』にて連載中。単行本は4巻まで刊行されています。以前は『ジャンプ改』などで連載されていて、たしか2回ぐらいは掲載媒体が変わっていると思います。

そのたびに「連載がどうなるか……打ち切りか……」とドキドキされたことでしょう。好きな作品でしたから、私もドキドキしましたよ(笑)

ですが最新の4巻では、次の巻のフラグも見え隠れしていて、安定してきた印象です。ドラマにもなりますし、もう大丈夫でしょう、きっと(笑)


こちらの『Cookie』公式サイトで、第1話を試し読みできます。

🔗『孤食ロボット』
http://cookie.shueisha.co.jp/story/56.html

コメント

このブログの人気の投稿

評価分かれる最終回「アイアムアヒーロー」完結

『アイアムアヒーロー』花沢健吾 (著)
大泉洋主演で映画化もされた本作品ですが、先日最終巻が発売されました。人類がゾンビに襲われるパニックホラー漫画です。
全22巻。2009年の1巻から8年近くかけての完結となりました。

アイアムアヒーロー(1) (ビッグコミックス)花沢健吾

小学館 2009-08-28
売り上げランキング : 3733


Amazonで詳しく見る by G-Tools

地味なロードコメディ漫画『ロッシとニコロのおかしな旅』

「ロッシとニコロのおかしな旅」深巳 琳子著


私にとっては「初めて」の作家さんです。

が、「沈夫人の料理人」の作者さん、と申し上げれば「ああ!」と思い当たる方も少なくないと思います。



本作は15世紀半ば、フィレンツェからパリへ向かう若き医師ロッシとその弟子、ニコロ少年のドタバタ珍道中です。

師匠と弟子があちこちで様々な騒動に巻き込まれます。師匠の性格上、あえて巻き込まれることもたびたび……。濡れ衣を着せられたり謎解きをしたり牢屋に入れられたり。活版印刷とか瀉血とか、当時はこんなだったんだなぁ、というのがよく分かります。西洋の歴史が好きな方なら楽しめると思います。よく調べられていると思います。

師匠ロッシのオカッパ頭とかね(笑)

ただ、漫画としては「地味」。表紙を見てまず「地味!」と思いました(笑)
「若い」という設定の医師ロッシが若者っぽく見えませんし、なにしろ男二人ですからねぇ……絵柄としても……(汗)


同じ時代のフランスを描いた漫画として、山岸 凉子の「レベレーション(啓示)」があります。



ジャンヌ・ダルクがテーマなので、内容は全く違いますが。

「レベレーション(啓示)」も絵は……正直、「日出処の天子」の頃と比べると大分粗くなってしまったなぁ……という感想です。

ロッシとニコロのおかしな旅」の方が、丁寧に細密に描かれていると思います。その分、案外お話にボリュームがあります。一話一話は長くないのですが、結構情報量あるよな、と思いました。

が……いかんせん地味です(汗) この地味さはなんででしょうねぇ。主人公の二人も美形ではないですしね。まつげをバシバシにすればいいというモノでもないのでしょうが……。

ロードコメディではありますが、腹を抱えて笑うタイプではなく、ニヤリとさせる方です。

ロッシの性格とか、師匠と弟子との掛け合いとか、何度か読み返してみて「面白いなぁ」とじんわり感じられる……スルメイカのような漫画だと思いました。

主人公は町医者という立場なので、当時の「医療」がどういうものかもさらっと描かれています。なにしろ中世ですから、まだまだ「知」というものに格差があった時代です。迷信や偏見、根拠の薄い民間療法も根強い。主人公なりに「医療」に対する志もあるようなので、それが今後、物語の軸になるかもしれません。

読む人を選ぶかもしれませんが、中世の欧州というキーワードに反…

おひとりさま女子の闘病コミックエッセイ

病気の大変さは人それぞれで比べられるものではありませんよね。それでも、独身の女性がある日突然、重い病気の診断を下されるというのは、ことさら大変に思えてしまいます。

そんな状況のコミックエッセイ3作品を、以下に挙げていきます。