スキップしてメイン コンテンツに移動

夏アニメ開始直前『妖怪アパートの幽雅な日常』

妖怪アパートの幽雅な日常

香月日輪 著




妖怪アパートの幽雅な日常』(略して妖アパ)は、香月日輪によるヤングアダルト小説です。ラノベとどう違うんだろう……。

「幽雅」で合っています。誤字ではありませんよ。

全10巻プラス番外編3巻です。

中学1年生の時に両親を亡くし、親戚のもとに身を寄せていた主人公・稲葉夕士は、高校入学と共に下宿生活を始めることに。

下宿先に選んだまかないつきアパート「寿荘」は、古いだけかと思いきや、実はオーナーからして妖怪という、幽霊や妖怪の巣窟でした。

日夜超常現象に驚かされ、そこで普通に生活する「人間」にも驚かされて、やんちゃでシニカルだった中学までの自分を見つめなおすことに。

さらにそんな生活を送るうち、主人公にも霊能力が……!?

妖怪アパートに暮らす「得体のしれない」「図太い大人たち」と、親友長谷 泉貴に助けられながら、波乱万丈の高校生活を満喫することになります。

本編はほぼ、主人公の高校での出会いと別れを描いています。

ヤングアダルト小説なだけあって、1冊1冊の分量は控えめで、さらさらと読めます。その読みやすさゆえに「中身スカスカ」と酷評されることもありますが、「スカスカ」と感じるかどうかは読み手次第ではないかと思いますね。

著者の香月日輪さんは、2014年12月19日に亡くなっています。
妖怪アパートの幽雅な日常 ラスベガス外伝』(2013年8月発売)のあとがきには、体調が優れないと書かれていて、このころからあまりよくはなかったのだなぁ、と思いました。



2011年より漫画化が開始。現在も『月刊少年シリウス』(講談社)にて連載が続いています。漫画を手掛けているのは、深山和香さん。


最新刊、14巻が7月7日に発売です。


アニメも深山和香さんの絵を下敷きにしています。

🔗TVアニメ「妖怪アパートの幽雅な日常」公式サイト





放送予定は以下の通り。

TOKYO MX 7月3日(月)から 毎週月曜日23:00〜

読売テレビ 7月3日(月)から 毎週月曜日25:59〜

※読売テレビの放送時間が特別番組編成のため変更になりました。
 第1話 2017年7月3日(月)26:07~(8分繰り下げ)
 第2話 2017年7月10日(月)26:04~(5分繰り下げ)

BS11 7月4日(火)から 毎週火曜日25:30〜

初回の時間が変更になっているのでご注意を!

クセの強い登場人物らがコミカルなドラマを繰り広げる作品ですが、基本主人公の成長物語なので、モノローグや地の文がかなりあり、そのあたりアニメでどうするのかな、と思います。

また、原作にはやや説教臭いところもあるので、そこのバランスも気になりますね(笑)

しかし声優陣豪華ですね。

コメント

このブログの人気の投稿

評価分かれる最終回「アイアムアヒーロー」完結

『アイアムアヒーロー』花沢健吾 (著)
大泉洋主演で映画化もされた本作品ですが、先日最終巻が発売されました。人類がゾンビに襲われるパニックホラー漫画です。
全22巻。2009年の1巻から8年近くかけての完結となりました。

アイアムアヒーロー(1) (ビッグコミックス)花沢健吾

小学館 2009-08-28
売り上げランキング : 3733


Amazonで詳しく見る by G-Tools

地味なロードコメディ漫画『ロッシとニコロのおかしな旅』

「ロッシとニコロのおかしな旅」深巳 琳子著


私にとっては「初めて」の作家さんです。

15世紀半ば、フィレンツェからパリへ向かう若き医師ロッシとその弟子、ニコロ少年のドタバタ珍道中です。

師匠と弟子があちこちで様々な騒動に巻き込まれます。師匠の性格上、あえて巻き込まれることもたびたび……。濡れ衣を着せられたり謎解きをしたり牢屋に入れられたり。活版印刷とか瀉血とか、当時はこんなだったんだなぁ、というのがよく分かります。西洋の歴史が好きな方なら楽しめると思います。よく調べられていると思います。

師匠ロッシのオカッパ頭とかね(笑)

ただ、漫画としては「地味」。表紙を見てまず「地味!」と思いました(笑)
「若い」という設定の医師ロッシが若者っぽく見えませんし、なにしろ男二人ですからねぇ……絵柄としても……(汗)


同じ時代のフランスを描いた漫画として、山岸 凉子の「レベレーション(啓示)」があります。



ジャンヌ・ダルクがテーマなので、内容は全く違いますが。

「レベレーション(啓示)」も絵は……正直、「日出処の天子」の頃と比べると大分粗くなってしまったなぁ……という感想です。

ロッシとニコロのおかしな旅」の方が、丁寧に細密に描かれていると思います。その分、案外お話にボリュームがあります。一話一話は長くないのですが、結構情報量あるよな、と思いました。

が……いかんせん地味です(汗) この地味さはなんででしょうねぇ。主人公の二人も美形ではないですしね。まつげをバシバシにすればいいというモノでもないのでしょうが……。

ロードコメディではありますが、腹を抱えて笑うタイプではなく、ニヤリとさせる方です。

ロッシの性格とか、師匠と弟子との掛け合いとか、何度か読み返してみて「面白いなぁ」とじんわり感じられる……スルメイカのような漫画だと思いました。

主人公は町医者という立場なので、当時の「医療」がどういうものかもさらっと描かれています。なにしろ中世ですから、まだまだ「知」というものに格差があった時代です。迷信や偏見、根拠の薄い民間療法も根強い。主人公なりに「医療」に対する志もあるようなので、それが今後、物語の軸になるかもしれません。

読む人を選ぶかもしれませんが、中世の欧州というキーワードに反応される方は、とりあえず。

時代小説初心者にオススメ『しゃばけ』シリーズ

しゃばけ」シリーズ。「若だんな」シリーズとも。


女性作家の時代小説はいずれもとっつきやすい気がします、まずひとつ挙げよ、と言われたら、やはりこちらの『しゃばけ』をお勧めします。

しゃばけ (新潮文庫)畠中 恵

新潮社 2004-03-28
売り上げランキング : 36731


Amazonで詳しく見る by G-Tools

時代小説×モノノケ」というジャンルの先駆けとなったシリーズです。この作品がヒットして以降、江戸時代とあやかし、もののけを扱う小説が次々と出版されるようになりました。