スキップしてメイン コンテンツに移動

祝完結! 長編SF少女漫画「7SEEDS」

『7SEEDS』

田村由美 著




ごちそうを食べて自分の部屋で寝たはず…だが目覚めると、ナツは荒れ狂う海の上にいた。どうして自分がここにいるのかわからない。やがて流れ着いた無人島。生きるための過酷な冒険が始まった!!

人類の存続をかけて、星座の位置さえ変わるほどはるかな未来に流された少年少女たち。何もかも変わり果てた「日本」で、彼らは生き残っていけるのか……。

16年に及ぶ連載が終了し、完結編となる35巻が発売になりました。



もうそんなに経ったのか、と思います。こちらの作品は比較的テンポよく刊行され続けてきて、「次の新刊なかなか出ないな」とやきもきさせられた記憶がありません。

それがふっつり無くなると思うと、○○ロスという言葉をよく聞きますが、7SEEDSロスになりそうです。

はるか未来の話ではありますが、全くの異世界ではありません。現在と地続きの未来です。ですから、生態系がまるっと変化してはいても、おとぎ話の住人のようなものを登場させるわけにはいきません。

そういうものを登場させた時点で、物語は「荒唐無稽」なものになり、どんなに主人公らが阿鼻叫喚しても「薄っぺらい」ものに見えてしまいます。

その点、「7SEEDS」は全35巻、危ういバランスの上で本当によく頑張ったと思います。きちんと設定内に収めた作者のバランス感覚に脱帽します。

ただただ生き延びるために、彼らはひたすら知恵を絞り、力の限り戦わなければなりません。昨日まで寝ていた暖かいベッドは、もうこの世のどこにも無いのです。

すべての巻で、手に汗を握る展開が繰り広げられます。「少女漫画だから」という理由だけで、もし読まない方が居るとしたら、「勿体ないですよ」と申し上げたい。

以前この漫画の感想に「ナツの成長ぶりを見て、未来へ行くのは伸び代のある若い人でなければならないのがよく分かった」と書いたことがあります。

若くなきゃ伸び代が無いワケではないでしょうが、まぁ、若い人には負けますよね(笑)

彼らの見事な成長ぶりは目を細めたくなるほどです。「元々が遺伝子的に、他もろもろで優秀な若者が選ばれている」という前提あってこそなんだろうな、とチラッと思ったりもしますが。

その成長ぶりが、この過酷で、時に残酷で、多くの死を乗り越えなければならないサバイバルストーリーの「救い」でもあります。

最終巻はくるみの出産、そして全員の合流で幕を閉じます。

物語のラストに、今後のことがほんの少し暗示されています。

コールドスリープのままの子供たちのこととか、この人とこの人がくっつくとして、後あの人とかは誰とくっつくんだろう……とか思っていましたが、なんとかなりそうな気配です。たぶん。

作者自身があとがきでツッコミを入れているように、腑に落ちない点のひとつやふたつ、無いわけではありませんが、ここまでの大河物語です。それもご愛敬でしょう。

今後「外伝」として番外編が登場するそうです。番外編でどんな事が描かれるのか、楽しみです。

彼らに幸あれ。




コメント

このブログの人気の投稿

評価分かれる最終回「アイアムアヒーロー」完結

『アイアムアヒーロー』花沢健吾 (著)
大泉洋主演で映画化もされた本作品ですが、先日最終巻が発売されました。人類がゾンビに襲われるパニックホラー漫画です。
全22巻。2009年の1巻から8年近くかけての完結となりました。

アイアムアヒーロー(1) (ビッグコミックス)花沢健吾

小学館 2009-08-28
売り上げランキング : 3733


Amazonで詳しく見る by G-Tools

おひとりさま女子の闘病コミックエッセイ

病気の大変さは人それぞれで比べられるものではありませんよね。それでも、独身の女性がある日突然、重い病気の診断を下されるというのは、ことさら大変に思えてしまいます。

そんな状況のコミックエッセイ3作品を、以下に挙げていきます。

地味なロードコメディ漫画『ロッシとニコロのおかしな旅』

「ロッシとニコロのおかしな旅」深巳 琳子著


私にとっては「初めて」の作家さんです。

15世紀半ば、フィレンツェからパリへ向かう若き医師ロッシとその弟子、ニコロ少年のドタバタ珍道中です。

師匠と弟子があちこちで様々な騒動に巻き込まれます。師匠の性格上、あえて巻き込まれることもたびたび……。濡れ衣を着せられたり謎解きをしたり牢屋に入れられたり。活版印刷とか瀉血とか、当時はこんなだったんだなぁ、というのがよく分かります。西洋の歴史が好きな方なら楽しめると思います。よく調べられていると思います。

師匠ロッシのオカッパ頭とかね(笑)

ただ、漫画としては「地味」。表紙を見てまず「地味!」と思いました(笑)
「若い」という設定の医師ロッシが若者っぽく見えませんし、なにしろ男二人ですからねぇ……絵柄としても……(汗)


同じ時代のフランスを描いた漫画として、山岸 凉子の「レベレーション(啓示)」があります。



ジャンヌ・ダルクがテーマなので、内容は全く違いますが。

「レベレーション(啓示)」も絵は……正直、「日出処の天子」の頃と比べると大分粗くなってしまったなぁ……という感想です。

ロッシとニコロのおかしな旅」の方が、丁寧に細密に描かれていると思います。その分、案外お話にボリュームがあります。一話一話は長くないのですが、結構情報量あるよな、と思いました。

が……いかんせん地味です(汗) この地味さはなんででしょうねぇ。主人公の二人も美形ではないですしね。まつげをバシバシにすればいいというモノでもないのでしょうが……。

ロードコメディではありますが、腹を抱えて笑うタイプではなく、ニヤリとさせる方です。

ロッシの性格とか、師匠と弟子との掛け合いとか、何度か読み返してみて「面白いなぁ」とじんわり感じられる……スルメイカのような漫画だと思いました。

主人公は町医者という立場なので、当時の「医療」がどういうものかもさらっと描かれています。なにしろ中世ですから、まだまだ「知」というものに格差があった時代です。迷信や偏見、根拠の薄い民間療法も根強い。主人公なりに「医療」に対する志もあるようなので、それが今後、物語の軸になるかもしれません。

読む人を選ぶかもしれませんが、中世の欧州というキーワードに反応される方は、とりあえず。